システムマネジメントは工務店・リフォーム会社などを営む小規模建設業経営者のベストパートナー

TEL. 06-6716-5066

受付:月曜日~金曜日 9:00~17:00

経営に関する基礎知識

SWOT分析

実現可能性が高く抜本的具体策が備わった経営計画を作成するにあたって効果を発揮するのが、SWOT分析といわれる分析手法です。

SWOT分析とは、企業を取り巻く経営環境を大きく内部環境と外部環境に分類して、内部環境の強み(Strength)、弱み(Weakness)、外部環境の機会(Opportunities)、脅威(Threat)という4つの基準で分析するものです。この4つの頭文字をとってSWOT分析と呼ばれています。

SWOT分析では、まず自社を取り巻く外部環境における機会(Opportunities)と脅威(Threat)を抽出し、次に内部環境における経営資源の強み(Strength)と弱み(Weakness)を見極めます。

但し、この4つの要素を整理するだけでは、具体的な戦略分析までには至りません。
そこで、外部環境の要素(機会・脅威)を内部環境の要素(強み・弱み)でクロスさせ、そこから具体的な戦略を導き出すクロス分析を行います。

SWOT分析を活用した具体的根拠のある経営計画を作成するメリット

  • 自社の経営環境分析により中期的な潜在的経営課題が顕在化されます。
  • SWOT分析の検討過程が後継者や経営管理者にとって最高の教育となり、危機感の共有化ができます。
  • 具体的な中期的経営ビジョンや経営目標が明確になり、経営者をはじめとする従業員の士気が高まります。
  • 重点的に投資すべき戦略項目や人材配置の項目が明確になると同時に、経営資源の有効活用ができます。
    (無駄な時間的、物理的なコストの削減が実現)
  • 具体的行動計画の作成と数値化により進捗管理が可能となり、事前に対策を講じることができます。
  • 具体的行動計画の作成と数値化により、従業員ひとり一人の意識改革と仕事への喜びを与えることが可能となります。
  • 実現性が高く抜本的具体策が備わった経営計画により金融機関との信頼関係が築けます。