工務店をはじめ中小・小規模建設業の戦略経理財務担当者の養成・育成支援

戦略経理財務担当者の養成・育成支援

変革時代を生き抜く
利益を生む戦略経理財務担当者の養成・育成支援

社会環境の変化に伴い工務店をはじめ中小・小規模建設業を取り巻く経営環境が大きく変化し、変革時代を迎えた現在、経営者は、経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報、時間、知的財産)の強みを最大限に有効活用して、積極的に経営基盤の強化を図り、経営改善(改革)に取り組む必要があります。
そのために経営者自信も会計リテラシーと論理的思考力を身に着けるとともに、経営の中枢を担う良き経営参謀(経理財務担当者)の育成が不可欠です。

変革時代を担う戦略経理財務担当者の役割とスキル

戦略経営を支える経理財務担当者(戦略経理財務担当者)の役割には、(1)決算報告書の作成はもとより、(2)抜本的具体策の備わった中期経営計画を作成、月次単位で経営実績を把握し、計画と実績の差異分析をするとともに進捗管理を行い、また、翌期への計画策定に活かしていく業績管理(PDCAマネジメント)と(3)黒字倒産を回避するために不可欠な現金預金などを管理する資金管理の三大業務に集約されます。
その役割を果たすため、実務面において戦略経理財務担当者にとって必要とする能力には、高度な会計リテラシーと効率的仕事力、計数管理能力、財務提案力、経営貢献力などの論理的思考力が挙げられます。
その能力を発揮するために戦略経理財務担当者は、戦略思考で財務会計はもとより管理会計(経営会計)を主とした経営管理能力を身に着けることが不可欠です。

システムマネジメントではクライアントを対象に、当社主催のセミナー・研修や実務運用指導を通して、簿記知識や経理実務経験の乏しい若手従業員の方でも、中小・小規模建設業の業種・業態・企業規模に即した戦略経理財務担当者として、戦略経営に不可欠な高度な会計リテラシーはもとより、論理的思考力(効率的仕事力、計数管理能力、財務提案力、経営貢献力)と能動的思考力の備わった戦略経理財務担当者の育成支援を行っています。
また、SMC会員を対象に、当社主催のセミナー・研修を通して戦略経理財務担当者の養成支援も行っています。

ご注意事項

  • 本サービスは、お客様の前向きなご協力のもとに成り立っております。
    お客様は本サービスをご利用中、弊社の指示や指導を遵守し、本サービスの運営や秩序を乱さないよう配慮するものとします。
    お客様の前向きなご協力が得られない結果、本サービスの遅延や延長、効果が発揮されないなど、お客様の不利益に対する責任は一切負い兼ねますので、ご了承願います。